若手技術者米国研修(その2)

当社では昨年度より若手技術者に対して最新の防衛技術動向習得及び海外技術者との交流による国際感覚の育成を目的として米国研修を実施しておりますが、今年度もリーダー1名及び技術者4名による研修を実施しました。

研修では、昨年11月に実施された「Technet Asia-pacific 2016」(米国・ハワイ州・ホノルル)への参加及び米国企業訪問を行いました。Technet Asia-pacific 2016においては、C2(Command and Control)における情報共有の取り組み、サイバーセキュリティ及び米軍のC2D2E(Command and Control in a Denied or Degraded Environment)が主要テーマとなっており、米太平洋軍におけるサイバー及び運用動向の一端を知ることができました。また、米国・東海岸の企業を訪問して米国における最新の技術動向に関して意見交換を実施し、貴重な体験を得ることができました。