Interview

インタビュー

日々の成長を感じながら、
主体性と広い視野を
身に着ける

システム本部 2017年入社

入社を決めたきっかけは何ですか?

就職活動中には、大手電機機器メーカーにも採用をいただいており、どちらにするか迷っていました。面接で藤田社長にお会いして、仕事への熱意と新入社員に対する期待を強く感じたのが選んだ理由です。さまざまな会社の方と一緒に仕事をするので、大手一社で働くよりもいろいろな仕事の仕方を学べるのではないかと思ったのも理由のひとつ。実際、自衛隊という「官」と、民間企業の「民」のどちらの方とも接することができるので視野が広がっていると感じています。

現在の仕事内容はどのようなものですか?

防衛省のシステムを維持する仕事です。特に、さまざまなシステムの基になる「部品」の維持が中心です。さまざまなシステムをすべて1からプログラミングするのではなく、ある程度共通のモジュールのようなものを作っておきます。それを「部品」と呼んでいるのです。私たちが担うのは開発でなく、例えば、すでにあるシステムの一部がアップデートする際に他システムへの影響を調査したり、関係会社に依頼をして改修された「部品」のテストをしたりします。

今の仕事にどのようなやりがいを感じていますか?

扱っているのが大きなシステムなので、ミスがあってはいけないという良い意味の緊張感があります。まだ入社して1年が経っていませんが、日々成長していると感じています。例えば、提出する文書の厳密性は大変勉強になり、これまで、自分がいかにあいまいな日本語を使ってきたのかと愕然としました。社内チェックもありますが、お客様のほうでも厳しいチェックが入り、毎回学びがあります。

職場の環境は雰囲気はいかがですか?

関係会社の人材を集めて作られた会社なので、若い人は少ないです。やりづらいことはありませんが、自分が主体的に動かなければならないと感じています。無理のないスケジュールで進められるので、圧迫感やストレスなどもありません。自衛隊の方の隣で作業をすることも多いのですが、フランクに話しかけてくださり、お客様との関係性も良好です。かたや、仁義に熱く、こちらが信頼を寄せれば、信頼で返してくださいます。

ワークライフバランスはうまく取れていますか?

残業はさほど多くなく、1日1時開程度。自宅へ帰ってから好きなことをする時間が十分にあります。機密性が高く社外に持ち帰れない仕事なので、会社を離れたら仕事のことは考えません。私はプログラミングが好きなので、自宅でゲーム作りをすることもありますし、休日には好きなアーティストのライブに行くこともあります。納期の直前に有給休暇を取得した先輩がいて驚きましたが、仕事が間に合えば問題ないというおおらかな社風で、働きやすさとしては理想的だと思っています。

今後、どのようなキャリアを積みたいと考えていますか?

外部の研修を申請すると受けさせてもらえるので、積極的に知識を獲得していきたい。現在は新規事業の提案をしていますが、一緒に担当しているのは関係会社の方々。いつ出向が取りやめとなり上司がいなくなっても大丈夫なように、主体的に仕事を進めています。まずは、ひとりでもプロジェクトを進められるようなスキルを身に着けたい。担当するシステムを深く理解することはもちろん、自衛隊のITシステム全体や、担当システムとの接点も把握し、お客様の潜在的なニーズを発見して反映していきたいと思っています。

Interview インタビュー

▲PAGE TOP
リクナビ2019エントリーページ